ISMS

東京本社にて取得

 

ISMS基本方針

ガリレオスコープ株式会社は、お客様および従業員との信頼関係の上に成り立ったビジネスを行うために、情報資産の保護を重要施策と位置づけます。お客さまや従業員から預かった大切な情報資産は、紛失、盗難、不正使用といった事故を防ぐために、安全に保護することが重要です。

そのためには、物理的・技術的なセキュリティ対策はもちろんのこと、人的な面においても、情報資産を取り扱う個々人が情報セキュリティに対して高い意識を持ち、情報セキュリティを尊重した行動を取ることが最も重要と考えます。
変化が著しい世界各国でのセキュリティ水準にも対応をしていけるよう、グローバルなシステムとしてセキュリティ対策を実践していきます。

よってここに、当社の「ISMS基本方針」を定め、当社が保有する情報資産を適切に保護するための指針とし、この基本方針にしたがって情報セキュリティマネジメントシステムを実践いたします。

経営層を含む全従業員およびパートナー企業からのプロジェクト参画者は、当基本方針の趣旨を十分に理解し、当社の情報セキュリティマネジメントシステムに関する社内規則を遵守した行動を取ります。

法令遵守
当社は、情報セキュリティに関連する法令および締結した契約を適切に遵守するための活動を推進する。

情報セキュリティマネジメントの推進
当社は、情報セキュリティ管理責任者を中心として情報セキュリティを維持するための活動を行うと共に、監査、マネジメントレビューを通じて情報セキュリティが維持されていることを確認し、是正・予防に常に努める、継続的改善活動を推進する。

制定日:2009年10月1日

改定日:2018年11月30日

代表取締役 藤堂五紀

CONTACT

コンサルティングや、システム開発に関してのお問い合わせはこちらから

CONTACT US